池袋の喫茶店、本格珈琲昭和のイベントなどを紹介します


by turbine2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おいしいコーヒーって?

どうも、マスターの亜門虹彦です。
おいしいコーヒー、飲んでますか? コーヒーや紅茶などの嗜好品にはけっこう不思議な働きがあって、精神的に緊張しているときに飲むとリラックスさせてくれ、逆にボンヤリした精神状態のときには気持ちをリフレッシュして適度な緊張状態を作ってくれます。ミステリアスな世界ですね。
それはともかく、「おいしいコーヒー」って、いったい何でしょう? もちろんおいしさなんてものはそれぞれの主観なので、一概にこうと決めつけることはできませんが、私は次の3つのポイントがあると思うのです。
1. おいしい豆
2. 適切な加工(煎り方、淹れ方)
3. おいしい飲み方
まず最初のおいしい豆。これは、同じ「ブラジル」とか「コロンビア」といった銘柄・産地のものでも、いろいろなランクがあるということです。もちろん値段が高いから無条件においしいとは限りませんが、同じ紀州ミカンでも、甘いものもあればあまりおいしくないのもあるというのと、同じですね。
次に適切な加工。これは特に鮮度の管理と関係があります。うちの場合、コーヒーは生豆(写真は、生豆。こんな色をしているんですよ)で仕入れて自分のところで煎っています。この焙煎の過程が終わると、豆はどんどん酸化し、香りも逃げていくようになります。お米が、精米してから時間がたつと味が落ちていくのと一緒ですね。煎りたての豆を使うことが、とても重要です。
淹れ方自体については、もちろん多少のコツはありますが、そう難しいことではありません。ポイントをしっかり押さえれば、だれでもおいしく淹れることができるようになります。
最後の飲み方は、カップの選択や飲むための環境です。環境については好みもあるでしょうが、コーヒーがおいしく感じるカップというのは、ある程度決まっているものです。これについては、おいおいご紹介できればと思います。
では、また。あなたにステキなコーヒータイムが訪れますように。
b0012695_04433.jpg

[PR]
by turbine2000 | 2004-08-22 00:42 | cafe