池袋の喫茶店、本格珈琲昭和のイベントなどを紹介します


by turbine2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:cafe( 65 )

新メニューのご案内です

「わいはこの世の中でコーヒーが2番目に好きや。え? じゃ一番は何かって? 一番好きなんは、わいの淹れたコーヒーをおいしいって言うてくらはる、お客さんの笑顔や!」

 大げさな始まりですみません、マスターです。皆様おかわりありませんか? 
 おかわりといえば『本格珈琲昭和』では、ドリンクのおかわりは半額でお出ししております。同じ値段なら、別のドリンクを選んでいただいても構いません。機会がございましたらご利用ください。

 さて本日の告知は、春の新メニューについて。

 まず「期間限定・スペシャルビーンズ」ですが、これまでの『中国雲南アラビカ・シモン』が終了しまして、現在は新しく『バリ・アラビカ』をご提供させていただいております。
 この豆、その名の通り、バリ島はキンタマーニ高原(そういう高原があるのです)の生まれ。一応マンデリンの仲間になりますが、酸味の少ない、コクのある味わいです。

 そして、『厚切りハムステーキサンド』もメニューに加わりました。
 当店ではこれまで、『ハンバーグサンド』がボリュームのあるメニューとして好評をいただいておりましたが、こちらもぜひどうぞ。椎名町にものすごくいい精肉店があるんですが、そこのご主人の推薦の高級ロースハムを使用しています。
 このロースハムを7ミリくらいにスライスし、軽く焼いてパンにはさみました。皆さん、最近厚切りのハムを食べましたか? スーパーとかコンビニで売ってるハムって、最初から薄切りになっていますよね。私はかねてから、それが不満でありました。厚切りのハムを食べたい! しかも少し焼いたのを。そこでこのメニューを作ったわけです。お試しくださいませ。
[PR]
by turbine2000 | 2005-04-12 01:27 | cafe
どうもどうも、マスターです。
さて、2005年最初のお報せは、期間限定スペシャルビーンズについて。
昭和では定番のコーヒーの他に、ちょっぴり個性的な豆を、期間限定の豆としてご提供しているんですね。この豆、ある程度の量を仕入れて、在庫が終わったら終了…というもの。現在は『中国雲南アラビカ・シモン』という豆がスペシャルビーンズになっております。
この豆、生豆の状態でけっこう粒がそろっていて、味もまろやかでふくよか。中国のコーヒー豆なんて…と思いがちな方もいるかもしれませんが、そうした既成概念を吹き飛ばすおいしさなのですよ。
昭和にいらした際には、ぜひお試しいただきたいと思います。
[PR]
by turbine2000 | 2005-01-22 03:05 | cafe
はいどうも、マスターです。
『本格珈琲昭和』の2004年の営業は、12月28日で終了。29日には、大掃除をいたします。2005年は、1月6日よりの営業となっております。新しい年を迎えるに当たり、お客様においしい飲み物、食べ物と、寛ぎのひと時を提供できるよう、スタッフ一同さらに努力をしていく所存であります。
2005年も、よろしくお願いします。b0012695_404183.jpg
[PR]
by turbine2000 | 2004-12-29 04:01 | cafe

おいしいコーヒーって?

どうも、マスターの亜門虹彦です。
おいしいコーヒー、飲んでますか? コーヒーや紅茶などの嗜好品にはけっこう不思議な働きがあって、精神的に緊張しているときに飲むとリラックスさせてくれ、逆にボンヤリした精神状態のときには気持ちをリフレッシュして適度な緊張状態を作ってくれます。ミステリアスな世界ですね。
それはともかく、「おいしいコーヒー」って、いったい何でしょう? もちろんおいしさなんてものはそれぞれの主観なので、一概にこうと決めつけることはできませんが、私は次の3つのポイントがあると思うのです。
1. おいしい豆
2. 適切な加工(煎り方、淹れ方)
3. おいしい飲み方
まず最初のおいしい豆。これは、同じ「ブラジル」とか「コロンビア」といった銘柄・産地のものでも、いろいろなランクがあるということです。もちろん値段が高いから無条件においしいとは限りませんが、同じ紀州ミカンでも、甘いものもあればあまりおいしくないのもあるというのと、同じですね。
次に適切な加工。これは特に鮮度の管理と関係があります。うちの場合、コーヒーは生豆(写真は、生豆。こんな色をしているんですよ)で仕入れて自分のところで煎っています。この焙煎の過程が終わると、豆はどんどん酸化し、香りも逃げていくようになります。お米が、精米してから時間がたつと味が落ちていくのと一緒ですね。煎りたての豆を使うことが、とても重要です。
淹れ方自体については、もちろん多少のコツはありますが、そう難しいことではありません。ポイントをしっかり押さえれば、だれでもおいしく淹れることができるようになります。
最後の飲み方は、カップの選択や飲むための環境です。環境については好みもあるでしょうが、コーヒーがおいしく感じるカップというのは、ある程度決まっているものです。これについては、おいおいご紹介できればと思います。
では、また。あなたにステキなコーヒータイムが訪れますように。
b0012695_04433.jpg

[PR]
by turbine2000 | 2004-08-22 00:42 | cafe

はじめまして

みなさん、始めまして。マスターの亜門虹彦です。
池袋駅西口から徒歩5分。小さなビルのそのまた地下に、『本格珈琲昭和』はございます。ちょっとレトロな空間で、自家焙煎のおいしいコーヒーを飲んでいただけるお店です。最近はこのお店を利用して、映像や音楽、お芝居などのイベントも行っています。このブログでは、そうした情報もお知らせしていければ…と思っています。
とりあえず最初に、お店の基本的な紹介を。
・場所 豊島区西池袋3-24-3藤井ビル地下
・営業時間 平日    正午~午後10時(水曜定休)
      土日祝日  午前11時~午後10時
・ご予算  ブレンドコーヒー(2種)600円より
お店のメニュー情報なども随時アップしていきますので、今後ともよろしくおつきあいください。
b0012695_1723274.jpg

[PR]
by turbine2000 | 2004-08-18 17:22 | cafe