池袋の喫茶店、本格珈琲昭和のイベントなどを紹介します


by turbine2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
こんばんは、マスターです。

男子三日会わざれば刮目して見よ…というのは、『三国志演義』の言葉だそうですが、最近の私は「喫茶店も三日会わざれば刮目して見よ」という気持ちで、細かなリニューアルに取り組んでいます。

そこで今回皆さんにお知らせしたいのは、新しいケーキについてでございます。

えー、どんなケーキかと言いますと、「ミントとオレオのレアチーズケーキ」なんですね。

当店ではこれまで、「ミントのレアチーズケーキ」を時おり作っておりました。こちらももちろん、十分においしい自信作だったんですが今回はさらに、スタッフたちの提案を取り入れて、土台のクッキーの部分をオレオにしてみたわけでございます。

写真をご覧ください。ミントがマーブルになっていて、底にオレオが恥ずかしそうに潜っているんですが…。

オレオのほのかな苦みがミントと相まって、一段とおいしい味わいになったですよ。毎日あるとは限りませんが、もしメニューの中で見かけたら、ぜひ一度お試しください。ただしこのケーキを食べてあなたのほっぺたが落ちても、当店では一切責任を持てませんので、あしからず。
b0012695_1171061.jpg

[PR]
# by turbine2000 | 2009-09-15 01:17 | cafe
当店にはババロアはありません! マスターでぃっす。

当店が面した道は、いつの間にか西池グルメ通りになっておりましたよ。

それはともかく『本格珈琲 昭和』のメニューには、スペシャルコーヒーというものがあるんですね。これは何かといいますと、私が10キロとか仕入れて、すべて売り切ったらそれで終了…という、少しマニアックなコーヒー豆なんです。

で、今現在は、コスタリカのファラスという豆が、このスペシャルコーヒーになっています。けっこう薫り高く、甘いフレーバーが楽しめる豆ですので、よろしかったら一度お試しください。

ファラスもけっこう減ってきたので、そろそろ次の豆を考えないといけないんですが…。エルサルバドルの『パカマラ温泉』という豆か、エクアドルの『ガラパゴス・ブルボン・サンタクルス』、ニカラグアの『カサブランカ』といったところが、名前的に心惹かれますね。また決まったら、このブログで紹介させていただきたいと思います。

本日のケーキは、「オレンジピールとグランマニエのレアチーズケーキ」と「ラムレーズンのベイクドチーズケーキ」です。

それでは、また。b0012695_2514767.jpg
[PR]
# by turbine2000 | 2009-09-11 02:51 | cafe

新メニューの登場です

お久しぶりです、マスターです。

さて今日は、新メニューのご紹介を。少し前からメニューに加わっているので、ご存じのお客様はご存じかもしれませんが、そいつの名前は『コーヒーゼリー』であります。

当店には開店当初より『コーヒーゼリーのカフェオレ仕立て』というメニューがありまして、こちらはアイスオレの中にサイコロ状のコーヒーゼリーが羞じらいながら沈んでいる…というものでございました。

でも今回、羞じらいをかなぐり捨てて、まんまコーヒーゼリーが、メニューにプラスされることになりました。アイスクリームとホイップクリームが乗って、700円でございます。スタッフとともに試食をした限りでは、「うん、うまい。こりゃイケる!」と思った次第でございます。けっこうな自信作、よろしければご賞味ください。
b0012695_13341914.jpg
ちなみに本日のケーキは、「紅茶のレアチーズケーキ」と「オレンジピールとグランマニエのレアチーズケーキ」です。どちらも売り切れ御免。
[PR]
# by turbine2000 | 2009-09-08 13:32 | cafe

品切れの豆がある理由

お久しぶりです、マスターです。

先日の『Hanako』の「池袋案内」に、当店が掲載されました。また単行本『東京女子のカフェ型録』でも紹介していただきました。さらに先日『シアターガイド』でも取材していただいたので、おいおい掲載されると思います。よろしかったら、チェックしてみてくださいね。

さて、コーヒーの味は何で決まるのかといいますと、「4:3:2:1の法則」が当てはまるのではないか…と私は思っております。
4割は、本来の生豆のクオリティ。これはオレンジジュースなどの場合を考えていただくとよくわかると思うのですが、もともとの生豆にない味は、その後どんなにがんばっても、出すことができません。本来の生豆の品質が、コーヒーの味の4割を決めるというわけですね。
3割は、焙煎。ご存知の通りコーヒーは生豆を焙煎して作るのですが、この焙煎でコーヒーの味のどの部分を強調するのかが、決まるわけですね。
そして2割は、抽出。これは、コーヒーを淹れるプロセスです。逆に言えば、どんなにていねいに正しい方法でコーヒーを淹れても、豆や焙煎がよくないと意味がないということにもなります。
そして最後の1割は、カップやコーヒーを飲む場所の環境。実はカップによっても、コーヒーの味は微妙に変わります。

で、今回お話したいのは、その「3割」の焙煎のお話。世の中の焙煎を手がけていらっしゃる方は、機械を使っているケースが多いと思います。実は私も、以前は少しずつ焙煎できる機械を使っていました。この機械、けっこうお気に入りだったんですが、生産終了、しかも修理部品もないということになり…。

色々迷った挙句、私は「手振り薬缶焙煎」をすることにしたんですね。要するに、薬缶に生豆を入れ、ガスの火の上で人力でシェイクする焙煎法です。この方法、慣れるまでは大変なんですが、いくつかのメリットがございます。
・こまめかつ小刻みに温度調整ができる
・初期にフタをすることで、蒸し焼きができて、豆の芯まで火が通りふっくら仕上がる
・豆の特徴をしっかり把握することができる

ただし大きなデメリットもあって、それはずっと攪拌しないといけないので油断できないことと、一度にたくさん煎れないこと。すみません、最近は豆の一部が品切れのことも多いと思いますが、それは「手振り薬缶焙煎」という方式のせいなんです…。その点、ご理解いただければうれしいなと…。
[PR]
# by turbine2000 | 2009-06-03 14:45 | cafe
寒いのかい? ほら、ウインナコーヒー。上に浮いているホイップは、キミへの優しささ。でも気をつけて。下には熱い情熱が隠れているからね。気の利いたことを言おうとして気持ち悪い感じになってしまいました、マスターです。

2009年も本格珈琲昭和を、よろしくお願いします。

さて、先日までスペシャルメニューとしてご提供させていただいておりました、『ハニージンジャーティー』が、好評のあまり短期間で在庫終了になってしまいました。問屋さんにも、もう品物がありません。

そこで登場した新作は、『マンゴー・キャラメルティー』であります。アッサムとニルギリの茶葉に、マンゴーの香りをつけたこの紅茶。ミルクを入れると、さらにキャラメルっぽい味わいになりますよ。ミルク付きで、700円でのご提供になります。こちらも、ご賞味くださいませ。
[PR]
# by turbine2000 | 2009-01-14 17:05 | cafe
今年も1年、『本格珈琲昭和』をご愛顧いただき、ありがとうございました。当店は12月31日から1月3日まで、お休みをさせていただきます。
2009年は、1月4日より営業いたします。
新しい年も、あなたの隣に1杯のコーヒーを。
マスターでした。
[PR]
# by turbine2000 | 2008-12-30 03:51 | cafe
Don't drink, feel. えー、コーヒー名言をひとつ、紹介しました。マスターです。

 さて今日は、メニューの変更のご案内を。スペシャルメニューが在庫終了により、一部変更になります。

 スペシャルのコーヒーとして、新たに登場しますのが『エクアドル・ビルカバンバ』です。エクアドルは、コロンビアなどに隣接した南アメリカの国。ビルカバンバというのは、古代インカ語で「聖なる谷」という意味だそうです。そののどかな谷合いを流れる川の水で栽培したコーヒーです。こちら、600円であります。

 そしてもう一品、スペシャルの紅茶が『ハニージンジャーティー』であります。アッサムの茶葉に、ハチミツの香りをつけ、さらに生姜の小片を混ぜた紅茶。寒いこの時期、お客様にあたたまっていただこうと仕入れた紅茶です。こちら、ハチミツとミルクがついて700円であります。

 どちらもぜひ一度、ご賞味くださいませ。
[PR]
# by turbine2000 | 2008-11-20 02:47 | cafe

モカがない

 豚の生姜焼き! マスターです。

 さてご存じの方もいらっしゃると思いますが、現在コーヒー業界は「モカ問題」に悩まされております。

 どういうことかと言いますと、エチオピアから輸入しているモカから、基準値を越える農薬が検出されたと。それで現在は、エチオピアからのコーヒー豆の輸入は、全面的に停止されていると。そういった状態であります。もう年内の輸入再開は、無理なんじゃないか。そう言われていますね。また、農薬によって土壌が汚染された可能性もあり、輸入再開までにはあと数年かかるのではないか…といった説もあります。実際問題、豆の問屋さんは現在、ほとんどがモカを取り扱っておりません。

 さて、これは困った。モカと言えば、やはり一定数の愛飲者がいる、コーヒー店の花形のひとつ。それがないと、カッコがつきません。

 そこで当店では、現在はイエメン産のモカを購入し、ご提供させていただいています。こちらは安全です。

 実はモカには、イエメン産もあるんですね。しかもイエメン産のモカの方が、少し高級です。値段もいささか高いのですが、でもこのせいで、モカの値段を上げることはしたくありません。

 ただイエメンのモカも当然ながら生産量に限界があり、今後は品切れや値上がりが予想されます。よろしかったら、お早めに味わっていただいた方がいいかもしれません。当店では1杯700円でご提供させていただいています。

 そんなこんなの毎日。ちなみに本日のケーキは、オールドファッションベイクドチーズケーキです。
[PR]
# by turbine2000 | 2008-08-26 10:47 | cafe
 どんな世界にも「行き過ぎ」「やり過ぎ」「それって変態」「マッドサイエンティスト」と言える存在はあるわけで……。珈琲豆の世界で言いますと、『コピ・ルアック』がまさにそれと言えるでしょう。

 「コピ」はコーヒーのこと。「ルアック」はジャコウネコのことであります。「ん? ジャコウネコのコーヒー?」

 ここはバリ島。熟して赤く色づいたコーヒーの実を、ジャコウネコがムシャムシャと食べます。そして当然のことですが、フンをします。そのフンを集めて、フンの中から未消化のコーヒー豆を一粒一粒集めます。そのコーヒー豆を洗浄、乾燥させたのが、コピ・ルアックなのです。

 どうですか? 何もわざわざそうまでして…と思いませんか? 私は思いますよ。でもこのコーヒー、ジャコウネコの腸内細菌の働きのためか、とても上品なフレーバーがひとつ乗っかっている感じで、とても美味しいんですね。

 とはいえ、希少価値もかなりのもので、ブルーマウンテンナンバーワンの数倍の値段で取引されています。

 ここまであしびきの山鳥の尾のしだりおの長々と書いてきたのには、理由があります。私、その『コピ・ルアック』を仕入れてしまったんですね。数量限定、売り切れ御免ではありますが、当店でお飲みいただけます。1杯2000円です。もともとが高価な豆なので、これでも儲けはほとんどありません。「お代わり半額」の対象にもなりませんので、ご注意ください(割引券はお使いいただけます)。高価なコーヒーなので、ちょっと高級なカップで提供させていただきます。

 確実に飲みたい…というお客様は、電話で在庫をお問い合わせください。ご予約も承ります。
[PR]
# by turbine2000 | 2008-06-21 21:43 | cafe

苦渋の決断であります

 ゴリさん、狙撃の準備だ! マスターです。b0012695_6193599.jpg
 さて今日は、悲しいお知らせをしなければなりません。
 この数ヵ月間、色々と考えてきましたが、ついに決断の時がやってきてしまいました。
 パンもバターも、値上げの嵐。ケーキに使う生クリームやクリームチーズも値上げの嵐で、やむなく一部商品の価格を、変更させていただきたいと思います。具体的には、パン系のメニューが一律50円、ケーキセットが100円の値上げになります。何とぞご了承ください。特にバターは、パンにもケーキにも使っているのですが、これが品薄で、買うのにも苦労しています。かといって、マーガリン系は使いたくないし……。
 値上げ後はケーキセットが900円になりますが、割引券をお使いいただけば800円ということで…。
 ちなみに今回は、ハンバーグがおいしく焼けたどーっ!の写真。
[PR]
# by turbine2000 | 2008-06-16 06:19 | cafe